女の人

時代の流れに合わせて進化するお墓|納骨堂が人気

先祖や家族を安置する場所

花と線香と数珠

今は亡き先祖や家族の位牌を安置する場所が仏壇であり、家の中でも比較的静かな場所に置きます。仏壇は位牌をはじめ多くの物を飾るので、ある程度の大きさが必要ですが、近年はその形が変わりつつあります。少し前までは和室に大きな仏壇を置き、仏間として存在していましたが、現在は少し違います。日本の建築様式が和風建築から洋風建築へ移行した事により、仏壇も変化を遂げました。また核家族化が進んだことで仏壇を設置する家庭が減り、仏間を持たない住宅も増えています。近年見られる仏壇の特徴は、シンプルでコンパクトな形であり、どこにでも置けるデザインを要しています。また輸入材の増加により使用する材料が変わったため、種類も大幅に増えています。

日本には国内外から製造販売されている豊富な仏壇がありますが、目的やニーズに合わせて選べます。ライフスタイルによって置き方は変わってくるため、利用者の用途によって自由に選択できます。たくさんありすぎて迷ってしまう場合は、気になる商品を複数ピックアップして比較すると良いです。料金や素材、大きさや手入れ方法、店のアフターサービス等を比較すると分かる事もあります。料金を比較して相場を知り品質を知ることで、どの仏壇が良いのか絞り込む事もできます。仏壇によっては金箔で覆われている商品もあるため、それらの手入れについても知ることが大切です。金箔はとてもデリケートな素材なので、専門家によるメンテナンスが必要になるためです。