女の人

時代の流れに合わせて進化するお墓|納骨堂が人気

お墓の土地を求める

お墓

御葬式を行った後亡くなった人は荼毘に付されて、ほとんどの場合お骨をお墓に納めることになります。菩提寺に自分のうちのお墓がある人や、まだお墓を建立していなくて、建ててからお骨をお墓に納めようと考えている人など様々です。自分が入るお墓がないときには、お墓を求めなければなりません。墓石は石材店に頼めば作ってくれますがそのお墓を建てる土地を最初に求めなければなりません。お墓が集中して建立されているのが霊園です。神奈川にも多くの霊園があります。経営をしている母体が自治体だったり企業だったりといろいろな霊園が存在しています。一般的に自治体が運営している霊園は値段が安く、企業が運営している霊園は値段が高くなっています。自治体が霊園の土地を売り出すと安いことからすぐに売り切れてしまいます。神奈川にも自治体が運営している霊園があります。

企業が運営している霊園はその経営母体が、石材店だったり葬儀業者だったりと様々な業者が霊園を経営しています。運営している業者によっては信仰している宗教に限って募集している業者もありますし、宗派によっては購入ができないところもあります。神奈川でもこのような霊園が存在しています。また管理料も、場所によって高かったり安かったりと千差万別になっていますので購入する前にしっかりと事前に調査を行ってから購入するようにしてください。自分が亡くなったのちのことを生前から考えている神奈川の人も数多くいて、生前から自分が入るお墓の土地を求める人も多くいます。場所によっては死んでからでないと購入ができないところもありますので注意が必要です。