女の人

時代の流れに合わせて進化するお墓|納骨堂が人気

残された遺品は

男性作業者

形見を分ける

あわただしく葬儀を行った後満中陰を迎えるまでの時間のうちに遺品整理を行う西宮の人がいます。通常満中陰には法要を開き、その時に形見分けと称して故人の遺品を親しかった人や親族に分けるのが一般的になっています。昨今は遺品を直接分けるのではなく何らかの品物を用意して渡す例が西宮でも多くなってきています。親族が遺品整理を行う中でどうしても捨てられないものや大きな遺品も当然出てきます。車やバイク、大型の家具や貴金属など分けるに分けられないものも出てきてしまいます。あらかじめ遺品のリストを作りほしい人がいない場合にはそれらの品物を換金して分けてしまうのも一つの方法になります。後々問題が起こらないように出てきた遺品がどんなものだったのか形見分けに参加する人に報告することも大切です。

これから生きていくため

故人の思い出が詰まっていてどうしても処分ができないものもあります。誰かが形見として持っていればたとえ今いらないものだとしても、後々思い出として残るものもありますので、親族で思い出深い遺品は取っておくことが大切です。そうすることで故人の供養にもつながってきます。どうしても処分ができない大型の遺品などは最近では遺品整理業者も西宮には多くありますので、それらの業者に相談して引き取ってもらうことも可能です。業者により換金してくれる業者もありますので西宮でも利用している人が多くなっています。遺品整理は故人との別れを整理するため、また故人を供養していくためこれから生きていかなければならない親族のためにもやらなくてはならないものです。