メンズ

時代の流れに合わせて進化するお墓|納骨堂が人気

お墓の土地を求める

お墓

お墓が集中してあるのが霊園です。経営母体が自治体だったり企業だったりしますが自治体の場合は安い値段のところが多く競争率が高くなっています。神奈川にも生前から自分の墓土地を求める人がいますが、亡くなってからでないと購入ができない場所もありますので注意が必要です。

もっと知ろう

先祖や家族を安置する場所

花と線香と数珠

先祖や家族を安置する仏壇ですが、住宅や生活スタイルが大きく変わった現代社会では様々な形が存在します。たくさんありすぎて迷ってしまう場合は比較すると良く、料金やアフターサービスの違いを知る事は重要です。

もっと知ろう

お墓の代わりになる

男女

費用が安く利便性が良い

納骨堂とは、お墓の代わりとなってお骨を納めるところになります。通常のお墓よりもメリットが多く、現代ではお墓を建てずに納骨堂を利用する人が多いと言われています。納骨堂を利用する良さとしては、お墓に比べて安く費用を済ませることが出来るという点で駅の近くなど公共交通機関の便が良いので通いやすいことなどがあります。屋内にあるので、お墓参りをすると絶対に必要な草むしりや掃除などのメンテナンスが不要となるので管理がずっと楽になります。設備が整っているので、年中いつでもお墓参りが可能でありその他にも無宗教の人でも納骨できるところが多くお墓と比べても転勤や引っ越しなどの都合に合わせやすいことなどがあげられます。

ルールを尊重すること

通常のお墓参りでは、お供え物を自由に供えたり花を飾ったり線香をたいたりと自由なスタイルでお墓参りが出来ますが納骨堂の場合屋内ということもありその施設によって細かくルールが定められています。遺骨の前で拝んだり花を飾ったりお供え物を備えたりすることが出来ないという施設も存在します。普通のお墓参りとは勝手が異なることも多いので、そういったルールなども事前に確認しながら利用する必要があります。また、納骨堂の利用には期限があるところもあるので期限が切れた後にどうするべきかということなども親族間でしっかり話し合って決めておくことが大切になります。年をとっても一人でも行きやすいのは納骨堂であると言われています。

残された遺品は

男性作業者

葬儀が終わり満中陰を迎えるまでの間に遺品整理を行う西宮の人が多くなっています。形見分けと称して故人が所有していた物品を親族に持ち帰ってもらう人もいます。思い出が詰まった遺品は親族の誰かが持つことで、故人の供養にもつながってきます。

もっと知ろう